スポーツ栄養【フードコネクション】最新トピックス

WHAT’S NEW最新トピックス

2023.4.9

『栄養と料理』5月号 質の良い筋肉を作る!

欧米ではアスリートの健康とパフォーマンスを向上させ、かつ、温室効果ガスの排出量を抑えるための食事に関する研究や、アスリートに向けたサステナブルな食教育が始まっています。
特にアメリカでは、アスリートの総たんぱく質摂取量を減らし、赤肉(牛肉・羊肉・豚肉)を白肉(鶏肉・ターキー・魚介類)や植物性たんぱく質(穀類・豆類・種実類)に置き換える動きが広がっています。
4月7日発売の『栄養と料理』5月号は、「質の良い筋肉を作る!」特集です。筋肉を維持又は増やすためのたんぱく質のとり方(量・質・内容・タイミング)についてまとめました。

2023.4.4

フードイベント「TASTE OF AMERICA 2023」

アメリカの食材や食文化に触れ、期間限定のスペシャルメニューが楽しめる
フードイベント「TASTE OF AMERICA 2023」が、4月3日(月)~16日(日)までの間、都内を中心としたレストランやスーパーマーケットで開催されます。
30店舗以上のレストランで、アメリカ食材を使った様々なジャンルのスペシャルメニューが提供されます。
詳細はこちらから。https://tasteofamerica.jp/

2023.3.30

日本臨床スポーツ医学会主催の公開シンポジウム

4月8日(土)13時~16時、日本臨床スポーツ医学会主催の公開シンポジウムが開催されます。
テーマは、「百寿時代の運動・スポーツのトリセツ」
健康維持におけるWHOの身体活動のガイドラインや、年齢、疾病別の運動・スポーツの効果など、有識者による講演が講演が行われます。
詳細は、こちらからhttps://www.rinspo.jp/files/topics230323_01.pdf?230329

2023.3.29

ファストフードとパフォーマンスについて

「ファストフードはパフォーマンスにどのような影響があるのか?」、大学生アスリートの素朴な疑問について考えてみました。https://the-ans.jp/food/nutrition/314273/

2023.3.26

サッカー選手が考案した「りんごを使った補食コンテスト」の結果発表!

2月25日に青森県で開催された「スポーツ場面で役に立つ果物の補食コンテスト」の結果が発表されました(主催:青森県庁 りんご果樹課)。
青森りんごを使った補食のレシピ考案から調理実習、メニューの解説、審査まで、全て地元サッカークラブチームのブランデユー弘前FCの選手が中心となり、オリジナリティに富んだメニューが出来上がりました!
栄養バランスはもちろんのこと、味や彩り、盛り付けなど5項目の合計点数で上位3チームが決定し、見事選ばれたレシピと共に選手の皆さんの喜ぶ顔がチームの公式Facebookに更新されましたので、ぜひご覧ください。
https://www.facebook.com/hirosakijsportsproject

2023.3.24

新潟県帝京長岡高校サッカー部の食事に密着

全国の強豪高校サッカー部の食事に密着した動画と記事の第三弾(JA全農/ヤンサカ)。米子北高校(鳥取県)、大津高校(熊本県)に続き、今回は米どころ新潟県帝京長岡高校サッカー部の食事を見せていただきました。練習前のモロヘイヤ+納豆+卵がけご飯は、栄養、味、食べやすさ、どれをとっても理想的です。

https://yansaka.com/gachi/post_005404.html

2023.3.18

2023 Food & Nutrition Conference & Expo

アメリカ栄養士会主催の年次総会「2023 Food & Nutrition Conference & Expo(FNCE)」が10月7日~10月10日、コロラド州デンバーで開催されます。
毎年、世界各国から栄養士・管理栄養士、医療従事者等10,000人が会場に集い、食と栄養に関する幅広いセッションの他、400社ちかい食品・飲料メーカーの展示会が同時に開催されます。セッションのプログラムや申込に関する情報は、今後、FNCEのウェブサイトにアップされる予定です。
詳細はこちらからhttps://eatrightfnce.org/

2023.3.9

未来のトップアスリートを目指す大学ラグビー選手のアカデミー

埼玉パナソニックワイルドナイツが、近隣の大学ラグビー選手を対象にトップレベルのラグビーや、ラグビーに関連するレクチャー、日本語のレッスン、社会活動などが体験できる「Academy」を開催しています。昨日、クラブハウスで栄養セミナーが開催され、事前に選手に行ったアンケートでリクエストの多かった「筋量を増やす」「体脂肪を減らす」「疲労回復」について話をさせていただきました。参加した選手の9割以上が外国出身のため、必要とされる情報、情報提供の仕方など、工夫が求められることを感じたセミナーでした。

2023.3.2

ブランデュー弘前FCの選手による青森りんごを使った料理コンテスト

青森県と地元サッカークラブチームブランデュー弘前FCが推進する食育活動の第2回目が開催されました。
班ごとに分かれて、スポーツ場面で役立つ「補食」メニューを作るのが課題。もちろん、主役は青森りんごです。
メニュー作成から調理実習、料理の解説、審査まで全て選手の皆さんが行い、素晴らしい作品7品が完成しました。
青森りんご、弘前愛に溢れたメニューは、後日、ご紹介します。

2023.3.1

熊本の名門・大津高校サッカー部 食事・生活・練習に密着

Jリーガーを多数輩出する熊本の名門・熊本県立大津高校サッカー部キャプテンの食事、生活、練習に密着した動画が配信されました。
現役高校サッカー選手、パワーの源は丼ご飯とおにぎらず。


https://yansaka.com/gachi/post_005388.html

2023.2.26

女性アスリートのカラダの学校 オンラインセミナー

3月5日(日)にオンラインイベント「女性アスリートのカラダの学校」が開催されます。国連が3月8日に定めた「国際女性デー」に合わせて、女性アスリートにまつわる課題やコンディショニング法、食事と体重管理についてのヒントを探るイベントです。

今年で3回目となるイベントには、東京五輪の女子複合で銅メダルを獲得したスポーツクライミングの野口啓代さん、リオ、東京と五輪2大会に連続出場した体操の杉原愛子さんが特別ゲストとして登場します。

日本体育大学教授の須永美歌子さんとご一緒に、弊社代表の橋本がトークセッションの講師を担当させていただきます。イベントは無料で、どなたでもご参加いただけます。
詳細はこちらをご覧くださいhttps://the-ans.jp/news/304085/

2023.2.23

現代サッカーにおける栄養のレポート

試合数と試合時間が増加している現代サッカーでは、「120分間の試合を視野に入れた栄養補給」が大切だと言います。
先日開催された「サッカーにおける栄養」をテーマにしたウェビナー(mysportscience主催)のレポートをまとめました。https://the-ans.jp/food/nutrition/303702/

2023.2.20

SFSS食のリスクコミュニケーター養成講座 第2期開講

食の安全・安心に関わるリスクコミュニケーションの学術啓発・イベント開催をミッションとするNPO法人食の安全と安心を科学する会(SFSS)が主催する「食のリスクコミュニケーター養成講座「第2期:2023年」が開講されます。「ヒトと地球の健康」「食物アレルギー」「食品添加物」「健康食品」など、6回のフォーラムと最終講義がすべてオンラインで受講可能。詳細はこちらをご覧ください。https://forms.gle/mWvuue5WkRTrDfHv6

2023.2.15

食品安全セミナーのお知らせ

内閣府食品安全員会が主催する、食品安全セミナー(オンライン)が開催されます。
テーマは「健康食品による健康被害を防ぐために」。
近年の健康食品による健康被害や事件の状況を踏まえ、健康食品による被害を未然に防ぐためのポイントが紹介されます。
詳細はこちらからhttps://www.fsc.go.jp/koukan/annai/annai20230310.html

2023.2.13

アメリカ大使館主催  アメリカスポーツ栄養学に基づく親子向け食事セミナー&ハローキティと一緒に走れる!お子様向けスポーツイベント開催

2月12日(日)、東急スポーツオアシス 多摩川の会員様に向けた、親子向け食事セミナー&お子様向けスポーツイベントが開催されました。
イベントには、ハローキティも駆けつけてくれるなど、子供たちにとっては刺激的な時間になったようです。
イベント終了後には、アメリカ産のおコメ「カルローズ」と豚肩ロースを使った「スティックオムライス」やポークソーセージとチーズを使った「おかずマフィン」、冷凍ブルーベリーとカルシウムの豊富な牛乳で作った「ブルーベリースムージ」が振舞われ、お子さんたちにも「うまい、うまい」と好評でした。

2023.2.13

アメリカ大使館主催 アメリカスポーツ栄養学に基づいた理想のボディメイク食事セミナー&特別ボディメイクレッスン開催

2月11日(土)、恵比寿OASISフィットネススタジオにて、東急スポーツオアシスの会員様に向けた、ボディメイクの食事セミナーとパワーヨガレッスンが開催されました。
レッスン終了後には、アメリカ産の柑橘類をふんだんに使った疲労回復に役立つ「シトラスティー」や高たんぱく質の「アラスカ産紅鮭のサンドイッチ」、ナッツ類とドライフルーツを使った「エネジープロテインバー」が振舞われ、アメリカ産食材の栄養価や特徴について理解を深めていただくイベントとなりました。

2023.2.8

アメリカ発スポーツ栄養学に基づくヘルス&ウェルネス2023イベント開催

在日米国大使館農産物貿易事務所主催による、「アメリカ発スポーツ栄養学に基づくヘルス&ウェルネス2023」イベントが、2023年2月7日(火)、都内で開催されました。
本イベントは、スポーツ栄養学が盛んなアメリカにおけるアスリートの食事法や、アメリカ産食材の栄養価、健康・体作りに取り入れる方法などについて日本の方々にも広く知っていただくことを目的にスタートしたプロジェクトです。
初回は、メディア向けに弊社橋本から「筋肉をつけて脂肪を落とすためのボディメイク向け食事法」をテーマにした講演の他、女優/歌手のすみれさんと「健康とウェルネス」についてのクロストークが行われ、栄養価の高いアメリカ産食材を使った運動後におすすめのごちそうUSAメニュー(補食)を試食していただきました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000081.000047218.html

2023.2.5

新刊「ルポ筋肉と脂肪アスリートに訊け」平松洋子発売

エッセイスト平松洋子さんの最新刊「ルポ筋肉と脂肪アスリートに訊け」が新潮社から発売されました。
大相撲の親方や新日本プロレスの逸材、サッカー日本代表の料理人、東京五輪でメダルをもたらした栄養士らにインタビュし、筋トレや体脂肪、腸内環境などのメカズムを探る唯一無二のルポルタージュです。
弊社代表の橋本が、「相撲とちゃんこ」について取材を受けた内容も紹介していただきましたいただきました。
詳細はこちらからhttps://www.shinchosha.co.jp/book/306475/

2023.2.2

食生活ジャーナリストの会主催による「食料の未来を考える!」セミナーの開催

農家の減少と高齢化、食料自給率の低下、食料安全保障の脆弱化など日本の農業を取り巻く環境が深刻化しています。
セミナーでは、農林水産省の担当者から、農政の憲法である「食料・農業・農村基本法」の改正に向けて
現在、どのような議論が行われているのか、また今後、日本の農政はどこへ向かっていくのかについてお話しが伺えます。
詳細は、こちらからhttps://www.jfj-net.com/13363

2023.1.24

日本スポーツ栄養学会第9回大会 滋賀県大津市で開催

スポーツ栄養学における研究と実践に関する報告が行われる「日本スポーツ栄養学会」が、2023年9月日9(土)、10日(日)の2日間にわたり、滋賀県大津市の龍谷大学瀬田キャンパスで開催されます。今回のテーマは「ゆりかごから墓場までのスポーツ栄養学」、競技だけではなく健康増進を含む幅広いテーマにもとづく講演・シンポジウムが予定されています。詳細は大会専用のホームページをご覧ください。
https://www.plus-s-ac.com/9jsna/