スポーツ栄養【フードコネクション】最新トピックス

WHAT’S NEW最新トピックス

2023.6.22

中東のスポーツ栄養の現状

昨年、サッカーのカタール・ワールドカップが開催された際に、中東では肥満が社会問題となっており、スポーツと食を通して国民の健康作りに力を入れる、カタール公衆衛生省の取り組みをご紹介しました。

その記事を読んでくださった、アラブ首長国連邦を拠点にスポーツ栄養コンサルタントとして活動する根本 裕理さんが、
Food Connectionのコミュニティサイトで、中東の「スポーツ栄養」の現状を6回にわたってレポートしてくださいます。

夏場の平均気温が40~45℃のドバイにおける「猛暑対策」や「ラマダン」、中東を拠点に活動する日本人栄養士として意識する「文化的視点」など、日本では、あまり見聞きすることのない情報に触れられると思います。
Food Connectionのコミュニティサイトへはこちらから https://members.food-connection.jp/

2023.6.15

成長期のジュニア選手を応援する食育セミナーの開催

熊谷市在住・在勤・在学の方、限定となりますが、成長期のジュニア選手の身体づくりを応援する食育イベントを開催します。
ラグビーW杯2019の会場にもなった熊谷ラグビー場で、地元の食材を使用し、理想的な栄養バランスで作られた「スポーツ弁当」を試食していただきます。また、座談会では、埼玉パナソニックワイルドナイツとアルカス熊谷の選手が登壇し、ジュニア期から現在に至るまでの食事にまつわるエピソードや、食べ方のヒントなどについてもご紹介します。

成長期のジュニア選手を応援する食事とは―お弁当をしっかり食べて身体づくりと競技力アップ!ー

2023.6.13

新刊図書のお知らせ

日本の栄養学の権威である佐々木敏先生の新刊『行動栄養学とはなにか?』が、6月中旬に、女子栄養大学出版部から発売になります。
日々の営みである食と、その積み重ねの結果である健康を、栄養データから読みとき、栄養の本質を探る一冊です。
詳細はこちらから、https://eiyo21.com/book/9784789554640/

2023.6.10

アメリカのスポーツ栄養が学べるシンポジウム開催

アメリカ栄養士会のSports and Human Performance Nutritionグループが
共同パートーナーを務める「2023 Sports Nutrition Symposium 7.0」が
6月19(月)~23日(金)の5日間、オンラインで開催されます。
講師は、アメリカで活躍するスポーツ栄養士や臨床心理士、
運動生理学の専門家が務めます。料金は無料。
https://www.mysportsd.com/sports-nutrition-symposium-7

2023.6.3

PINES主催 オンラインスポーツ栄養セミナーのお知らせ

スポーツの国際的団体 Professionals in Nutrition for Exercise and Sport (PINES)が主催する、
始めてのオンラインセミナーが、日本時間の9月9日6:00~8:30(土)に開催されます。
テーマは「アスリートの安全と栄養補助食品について」。
PINESの会員は、会員サイトから無料でお申込みいただけます。
会員以外の方は、下記アドレスよりお申込みください。参加費用はUS$25。
https://www.eventbrite.com/e/pines-1st-online-symposium-athlete-safety-and-nutritional-supplements-tickets-616260430537

2023.6.1

セミナー「稲作SDGsから米飯食文化の未来を考える」

6月26日(月)食生活ジャーナリストの会主催によるセミナー「稲作SDGsから米飯食文化の未来を考える」が開催されます。
講師は、たにりりさん(おこめみらいラボ代表/農政ジャーナリストの会所属)。
米離れの正体やお米が食卓に届くまでの、それぞれの苦悩と問題解決のための取り組みなどが紹介されます。
詳細はこちらからhttps://www.jfj-net.com/archives/13879

2023.5.27

アメリカスポーツ医学会におけるPINESの親睦会開催

5月30日(火)~6月2日(金)コロラド州デンバーで開催されるアメリカスポーツ医学会の年次総会(ACSM)において、
スポーツ栄養の国際組織であるPINESによる催しが2つ予定されています。
・5月30日 Room 103, 17:30-19:30 Pre-Conference 「PINES 20 Question 10 Experts session」
・6月 1日 Room 702, 18:00-19:30 Sports Nutrition Interest Group Meeting
尚、6月1日のミーティング終了後、PINESのメンバーの親睦会も行われるようです。
https://www.acsm.org/annual-meeting/annual-home

2023.5.21

いよいよラグビーW杯2023に向けて、オールジャパンでの取り組み開始

今シーズンのフィナーレを飾る、ラグビーリーグワンの決勝が20日(土)、国立競技場で開催されました。
42,000人の観客が見守る中、埼玉ワイルドナイツは、惜しくも東京ベイに2点差で負けてしまいましたが、昨年に引き続き、決勝で戦う姿を応援することが出来たことを誇りに思います。
いよいよラグビーW杯2023に向かって、オールジャパンでの取り組みがスタートしますね。

2023.5.14

スポーツ栄養セミナー「疑似科学(ニセ科学)」との付き合い方

スポーツ栄養やスポーツ科学に関する誤った情報が世の中には溢れています。
5月24日(水) Mysportscienceが開催するオンラインセミナーでは、「疑似科学(ニセ科学」をテーマに取り上げ、いくつかの事例を参考にしながら、誤った情報に振り回されない方法について学びます。
詳細はこちらから。https://mailchi.mp/mysportscience.com/sports-supplements-live-webinar-and-new-blogs-13536896?e=5b4215d4e7

2023.5.8

日本スポーツ栄養学会におけるシンポジウムのテーマが決定

9月9日(土)~10日(日)滋賀県大津市で開催される「日本スポーツ栄養学会第9回大会」にて弊社の橋本が演者の一人として登壇させていただきます。
シンポジウムのテーマは「魅力的な地域づくりにスポーツ栄養ができること」。当日は「訪日外国人(インバウンド)に向けたスポーツ栄養コンテンツの可能性」について発表させていただきます。学会の詳細はこちらをご覧ください。
https://www.plus-s-ac.com/9jsna/

2023.5.1

青森でスタート アスリートと協力して行うりんご普及活動

果物離れが進む中、特に県内の子供達に「青森りんご」を食べる習慣を身に付けて欲しいとスタートした、
ブランデュー弘前FCと青森県が協力して行うりんご普及活動を取材していただきました。
地元で育った選手の中には、「りんごの消費量が年々、減少していると聞いても、ピンときていなかった」と
話す人もおり、地産地消を進める中で「現状を知ること」が大切、ということに改めて気付かされたセミナーでした。

サッカークラブが若者の果物離れに一役 購入量激減のりんご、青森で始まった新たな地域貢献

2023.4.28

アスリートが環境とパフォーマンスの両面から食事でできること

気温の上昇や自然災害の増加、スポーツにも多大な影響を与えるため、スポーツの世界でも気候変動への危機意識は世界的に高まっています。
IOC(国際オリンピック・パラリンピック委員会)が運営する、エリートアスリートとオリンピアンのための世界最大のコミュニティー
「Athlete 365」では、アスリートとサポートする人が、気候変動の要因とされる温室効果ガスの排出を抑えるために食事で心がけることについて
まとめています。キーワードは、「動物性食品を減らす」「地産地消」「旬の食材」「できることから始める」です。

アスリートが地球のためにできる食事の工夫 スポーツ栄養の世界も「これまでを見直す時期に」

2023.4.24

ヴェジタリアン/ヴィーガン版 ATHLETE’s PLATEⓇ

アスリートが運動強度に合わせて、何をどれぐらい食べれば良いかをプレート(お皿)で
表した「Athlete’s PlateⓇ」の、ヴェジタリアン/ヴィーガンバージョンが、
コロラド大学 コロラドスプリングス校のウェブサイトに掲載されました。
検証研究の結果については、2023年5月にコロラド州デンバーで開催される、
アメリカスポーツ医学会で発表される予定です。
詳細はこちらのアドレスをご覧ください。
https://swell.uccs.edu/vegetarianvegan-athletes-plate

2023.4.19

スポーツを楽しむ女性を応援する「W-ANS ACADEMY」オープン

部活に励んでいる女子中高生・大学生、フィットネスやランニングが好きなオトナ女子。
そして、日本のトップや世界を目指して取り組んでいる女性アスリートをサポートする
「THE ANSWER」の姉妹サイトがオープンしました。
アスリートの生の声や、現場のニーズを知りたい方にもお勧めのサイトです。
是非ご覧ください。https://w-ans-academy.the-ans.jp/

2023.4.13

食の未来ータンパク質食品ー シンポジウム

世界的な人口増加による食糧不足が懸念されるなか、たんぱく源である「培養肉」や「代替肉」、「昆虫食」などの「次世代タンパク質」が注目を集めています。4月23日(日)(公財)農学会及び日本農学アカデミーの共同主催による公開シンポジウム「食の未来ータンパク質食品ー」が開催されます。詳細はこちらをご覧ください。
https://www.a.u-tokyo.ac.jp/event/event_20230423-1.html

2023.4.9

『栄養と料理』5月号 質の良い筋肉を作る!

欧米ではアスリートの健康とパフォーマンスを向上させ、かつ、温室効果ガスの排出量を抑えるための食事に関する研究や、アスリートに向けたサステナブルな食教育が始まっています。
特にアメリカでは、アスリートの総たんぱく質摂取量を減らし、赤肉(牛肉・羊肉・豚肉)を白肉(鶏肉・ターキー・魚介類)や植物性たんぱく質(穀類・豆類・種実類)に置き換える動きが広がっています。
4月7日発売の『栄養と料理』5月号は、「質の良い筋肉を作る!」特集です。筋肉を維持又は増やすためのたんぱく質のとり方(量・質・内容・タイミング)についてまとめました。

2023.4.4

フードイベント「TASTE OF AMERICA 2023」

アメリカの食材や食文化に触れ、期間限定のスペシャルメニューが楽しめる
フードイベント「TASTE OF AMERICA 2023」が、4月3日(月)~16日(日)までの間、都内を中心としたレストランやスーパーマーケットで開催されます。
30店舗以上のレストランで、アメリカ食材を使った様々なジャンルのスペシャルメニューが提供されます。
詳細はこちらから。https://tasteofamerica.jp/

2023.3.30

日本臨床スポーツ医学会主催の公開シンポジウム

4月8日(土)13時~16時、日本臨床スポーツ医学会主催の公開シンポジウムが開催されます。
テーマは、「百寿時代の運動・スポーツのトリセツ」
健康維持におけるWHOの身体活動のガイドラインや、年齢、疾病別の運動・スポーツの効果など、有識者による講演が講演が行われます。
詳細は、こちらからhttps://www.rinspo.jp/files/topics230323_01.pdf?230329

2023.3.29

ファストフードとパフォーマンスについて

「ファストフードはパフォーマンスにどのような影響があるのか?」、大学生アスリートの素朴な疑問について考えてみました。https://the-ans.jp/food/nutrition/314273/

2023.3.26

サッカー選手が考案した「りんごを使った補食コンテスト」の結果発表!

2月25日に青森県で開催された「スポーツ場面で役に立つ果物の補食コンテスト」の結果が発表されました(主催:青森県庁 りんご果樹課)。
青森りんごを使った補食のレシピ考案から調理実習、メニューの解説、審査まで、全て地元サッカークラブチームのブランデユー弘前FCの選手が中心となり、オリジナリティに富んだメニューが出来上がりました!
栄養バランスはもちろんのこと、味や彩り、盛り付けなど5項目の合計点数で上位3チームが決定し、見事選ばれたレシピと共に選手の皆さんの喜ぶ顔がチームの公式Facebookに更新されましたので、ぜひご覧ください。
https://www.facebook.com/hirosakijsportsproject