マラソン編【東京マラソンでのイベント・講演】
スペシャルトークショーの様子
2009年3月19日~21日に東京ビックサイトにて、東京マラソンEXPOが開催されました。会場では、東京マラソンの登録が行われるほか、様々なスポーツメーカーや有名マラソンランナーが集まり、まるでお祭りのようでした。 その2日目である20日に、カリフォルニア・レーズン協会主催のスペシャルトークショーが行われ、カリフォルニア・レーズンの健康応援大使である増田明美さんと栄養アドバイザーである弊社代表、橋本による講演などが行われました。テーマは、東京マラソンにちなみ「強く、速く ランニング必勝法」です。
20日は、朝から強い風と雨のあいにくの天気。昼からは天気も回復の見込みですが、お客様にお越しいただけるかどうかと不安がよぎります。10時から打ち合わせとリハーサル。増田明美さんと橋本がご一緒に仕事をするのは、今回で2度目。そのせいもあって、和やかな雰囲気の中、打ち合わせがスムーズに進んで行きます。
レポート
レポート
スペシャルトークショーの1回目は11時、2回目は14時半からスタート。増田さんのトークに続き、橋本のトーク、二人揃ってのクロストークの後、ジャズシンガーの石井智子さんによるライブにお楽しみじゃんけん大会と、盛り沢山のプログラムでした。
お天気の心配をよそに、各会あわせて、約450名のお客様が会場に詰めかけ、増田さんの選手時代の楽しい話と東京マラソンのコースの説明や走り方のポイント、橋本によるランニングのための栄養学に熱心に耳を傾けていらっしゃいました。ランナーの皆さんにとっては、かなり実践的で興味深い内容だったのではないでしょうか。
「カリフォルニア・レーズンとマラソン」、意外な関係に思われるかも知れませんが、レーズンはマラソンランナーにとって、理想的な食品といえます。カリフォルニア・レーズンには

① 脳や筋肉のエネルギー源となる糖質

② 糖質や脂質からエネルギーを作り出してくれるビタミン類

③ 持久力の低下を防ぐ鉄や筋肉の収縮に関係しているミネラル類

④ ランニング中に発生する活性酸素の働きを抑える抗酸化物質

などがまんべんなく含まれていますので、レース前・レース中のエネルギーやスタミナの維持、レース後の疲労回復などに効果的です。さらに、レーズンは保存がきき、持ち運びやすいため、走りながら手軽に補給することができます。今回の東京マラソンでは、コース上4か所の給水所に約40万粒ものカリフォルニア・レーズンが用意され、参加ランナーの完走をバックアップしていました。
増田さんと橋本のクロストークは、マラソン関係の話から高橋尚子さんの話にまで及び、あっという間に時間がすぎていきました。高橋尚子さんは、「骨力」があるそうで、それは普段からの食生活からみてもよくわかるそうです。
強くなるためには、トレーニングだけでなく「食」も重要。スタートラインに立つ前までに、「走れる体」、「走るための体」を作ることが何よりも大切。そして、そのためには、普段から健康的な食生活を実践することがとても大事であるということがよくわかるスペシャルトークショーでした。 ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。
レポート

当日配布されたカリフォルニア・レーズンとスポーツ選手についてのパンフレット

  • サッカー編
  • ラグビー編
  • 相撲
  • その他