FNCEツアー

 食のプロフェショナルの皆様へ

食を取り巻く環境は日々、変化し、特にインバウンドやアウトバウンドの伸びによって外国人ゲストの多様な食のニーズに対応した、ホスピタリティが求められています。

Food Connectionでは、米国栄養士会100周年にあたる「FNCE 2017」に合わせて、様々な人種や宗教、文化が共存するアメリカにおける食の多様性を目で見て肌で感じていただけるよう、シカゴ周辺の食と栄養関連施設の見学やアメリカで活躍する登録栄養士との交流会をパッケージにしたオリジナルプログラムをご用意いたしました。

通常のツアー価格では体験することのできない、充実したプログラムとなっておりますので、食と栄養の世界のトレンドを押さえておきたい栄養士、管理栄養士、食品企業・団体、ホスピタリティ業界の皆様、是非この機会に奮ってご参加いただきますようご案内申し上げます。

株式会社 Food Connection
代表取締役 橋本玲子
・・・・・・・・・・・・・・・

■ FNCE 2017について
米国栄養士会が主催する、世界最大の「食と栄養会議・展示会」。毎年、世界各国から栄養士登録栄養士、ヘルスケア従事者等10,000人が集い、食と栄養に関するセッションや展示会が行われる。今年は130のセッションと、350を超える食品企業・団体等の出展が予定されている。

 プログラムの見どころ

日付トピックス
2017/10/21(土)
大都市シカゴの食のトレンドを肌で感じるファーマーズマーケット・スーパーマーケットの視察

地元の旬の食材や、年々、需要が高まっているオーガニック、グルテンフリー食材の他、世界各国の料理をご堪能いただけます。
2017/10/22(日)
アメリカで活躍する登録栄養士/スポーツ栄養士との交流会(日本語)

米国オリンピック委員会で、ジュニアからオリンピック、パラリンピック選手に向けて栄養サポートを行っている、ヌワニー・ジャヤラット氏より、人種や文化の異なるアスリートへの栄養サポートの実際について伺います。
・・・・・・・・・・・・・・・
Vegetarian Resource Group 35周年記念夕食会

ベジタリアンの啓蒙活動を行っている非営利団体Vegetarian Resource Groupが35周年を記念して夕食会を開催します。
市内でも話題のベシタリアンレストランLYFE KITCHENにて、本場のビーガン料理をお楽しみください。
2017/10/24(火)
シカゴ郊外の名門私立大学”Northwestern University”のスポーツ現場の見学とフットボールランチの試食

ラクロス部が全米選手権で5連覇を達成するなど、アスリートの栄養サポートに力を入れている、アスレティック部門の登録栄養士の案内によって、アメフトのトレーニングの様子やトレーニング後の「フットボール食」の見学と試食を予定しています。

パンフレット

 講師のプロフィール

ヌワニー・ジャヤラット:米国登録栄養士/IOC認定ディプロマ スポーツ栄養士

大阪市立桜宮高等学校スポーツ健康科学科卒業後、2002年にアメリカへ留学。University of California, Berkeleyで栄養科学の学士を取得した後、Registered Dietitianの資格を取得。コロラド州立大学コロラドスプリングス校大学院でスポーツ栄養学専攻修了(スポーツ栄養学修士)。
現在、コロラド州立大学で非常勤講師としてスポーツ栄養の講義(兼)米国オリンピック委員会にて契約スポーツ栄養士として勤務。
ジュニアからオリンピック、パラリンピック選手まで幅広くスポーツ選手やチームの栄養支援を行うと同時に、スポーツ栄養に関する講演を日本、韓国、メキシコ、アメリカなど国際的に行っている。