学会・イベント
2014年9月14日 第40回日本整形外科スポーツ医学会学術集会
第40回日本整形外科スポーツ医学会学術集会のランチョンセミナーにて、「スポーツをする成長期の子どもの食事と栄養」について講演させていただきました。

スポーツをする子どもの食事と食生活の現状とそこから見えてくる課題を中心に、特にスポーツをする子どもにとって重要となる朝食や補食のポイントについてもお話いたしました。
また、米国食肉輸出連合会(USMEF)との共催にて、ジュニアアスリートに必要な食事の量を体感していただくことを目的に、ランチの内容はUSサーロインステーキをたっぷりと使用し、ジュニアアスリートに必要な栄養素を含んだステーキ弁当をご試食していただきました。
  • 学会・イベント
  • 学会・イベント
2014年8月23日 「Vメシ!JAPAN」ステージイベント
元バレーボール全日本代表の竹下佳江さんをゲストとしてお迎えし、竹下佳江さんのここぞというときに食べる「Vメシ」についてお話いただきました。竹下佳江さんのVメシは「みそ汁」。お母様の手作りのみそ汁は豆腐とワカメがたっぷりと入っていて、竹下さんにとって大切な食事とのことです。

今回は夏場だったということで、竹下さんのVメシを夏バージョンにしてご提案させていただきました。竹下さんが大好きという広島の牡蠣味噌を使って、豆腐とワカメにみょうが、ねぎ、大葉、しょうがをたっぷりと乗せたみそ汁です。薬味は消化をよくしたり、食欲を増進させたりする働きがあるので、食欲がないときには是非たくさん取り入れることをおすすめいたしました。
  • 学会・イベント
  • 学会・イベント
2014年8月9日 NPO法人健康寺子屋のイベント「KATSURAO寺子屋」
元全日本バレーボール選手の三屋裕子さんの発案で2008年5月にスタートした「NPO法人健康寺子屋」。
健康寺子屋は、心身の健康に不可欠な「運動」「食」「癒し」に加えて「コミュニケーション」の大切さを一人でも多くの方にお伝えするため、四谷の笹寺を基盤に、越谷、奈良、東日本大震災で被害を受けた被災地などに出向いて、講演や運動・体操教室などを展開しています。

全村避難地区として指定され、現在も福島県三春町にある合計10か所の仮設住宅に避難している村民(838名2013.9月現在)の健康維持のために、継続的に地域社会で貢献するリーダーとなる”健康クリエイター”を育成するプロジェクト「KATSURAO寺子屋」でのイベントに参加いたしました。

本プロジェクトは、ロクシタンジャポン株式会社から活動費用を支援していただき、年6回のプログラム(ストレッチ、トレーニング、有酸素運動、栄養ワンポイントアドバイスなど)を通して、健康作りに必用な知識、実技などを習得していただくというもの。 第2回目となる育成講座では、初めて三春町の仮設住宅を訪問させていただき、健康クリエイターと村民の方々の熱中症対策のために、水分補給のポイントについてお話しをさせていただきました。
  • 学会・イベント
2014年6月22日 横浜市主催「親子DE食育」イベント
横浜F・マリノスのふれあい・普及推進本部部長の望月氏と共にトークショーに出演。 横浜F・マリノストップ選手の普段の食生活やワールドカップに出場している強豪チームの「勝ち飯」についてお話しいたしました。また、夏休み中に自宅で作れる「ビタミンたっぷり炭酸ドリンク」「クリーミーフローズンヨーグルト」「具だくさんスペイン風オムレツ」3品をご紹介させていただきました。
  • 学会・イベント
  • 学会・イベント

クリーミーフローズンヨーグルト

生クリームを加えることで、クリーミーな味わいが楽しめる夏向きのおやつ。
成長期のお子さんに必用なカルシウムもたっぷり補えます!

クリーミーフローズンヨーグルト

材料(4人分) 1人分 240kcal

材料 分量
プレーンヨーグルト 1パック(水きりして350g)
生クリーム 100ml
グラニュー糖 大さじ5
レモン汁 大さじ1
キウイフルーツ 2個

作り方

  1. ざるに布巾を敷いてプレーンヨーグルトを流し入れ、2時間水きりをする。
  2. ボウルに生クリームとグラニュー糖を半量加え、泡立て器でツノが立つ程度に泡立てる。
  3. 別のボウルに水切りしたヨーグルト、レモンの絞り汁、残りのグラニュー糖を加え、よく混ぜ合わせる。②をボウルに加え、さらに混ぜる。
  4. ③をバットに移し冷凍庫に入れ、全体的に固まり始めたら、途中なんどかスプーンでかき混ぜ、さらに冷やし固める。
  5. 器に盛り付け、好みのフルーツを添える。

ワンポイント ヨーグルトに含まれる透明の液体は、乳清(ホエイ)と呼ばれる乳成分の一部です。たんぱく質や、ビタミン、ミネラルが含まれるので、水切りをした後は、牛乳などと一緒に混ぜて飲むようにましょう。

レシピ作成:横浜F・マリノス栄養アドバイザー

ビタミンたっぷり炭酸ドリンク

炭酸は飲みたいけど糖質が気になる、という方にお勧めの果汁・野菜汁入り炭酸飲料。
氷の代りに、果汁ジュースやレモンの絞り汁を製氷型で冷やし固めて加えれば、更にビタミンの補給に。
この1杯で成長期のお子さんが一日に必用なビタミンCが補えます。

ビタミンたっぷり炭酸ドリンク

材料(1人分) 1人分 70kcal

材料 分量
甘夏&
レモンミックス
100ml
※ぶどうジュースなど好みの野菜汁+果汁飲料で代用可
炭酸水 50~100ml
果汁100%オレンジジュース 50ml
レモンの絞り汁 50ml

作り方

  1. 果汁100%オレンジジュースとレモンの絞り汁は、製氷型に流し入れ、冷やし固める。
  2. グラスに甘夏・レモンミックスジュースと炭酸を注ぎ、凍らした①を加える。

ワンポイント 市販の炭酸飲料1本(300ml)当たりには、スティック砂糖に換算すると10本ちかい糖質が含まれます。果汁や野菜汁入りのジュースを使えば、糖質は約半分に抑えられます。

レシピ作成:横浜F・マリノス栄養アドバイザー

具だくさんスペイン風オムレツ

フライパン一つで、糖質と良質のたんぱく質、ビタミン類がたっぷり取れる栄養満点のスペイン風オムレツ。
野菜は冷蔵庫にあるものを使えば、毎回、違った味が楽しめ、まんべんなく栄養が補えます。
朝食には果物とヨーグルトも忘れずに添えましょう。

具だくさんスペイン風オムレツ

材料(4人分) 1人分 220kcal

材料 分量
5個
じゃが芋 1個
さやいんげん 8本
赤パプリカ 1/2個
ハム 3枚
プロセスチーズ 50g
大さじ1 1/2
小さじ1/4
こしょう 適量

作り方

  1. じゃが芋は洗って皮つきのままm1cm角に切り、水にさらして水けを切り電子レンジで加熱(600w で2分)する。さやいんげんはラップに包み電子レンジ(600wで 1分)で加熱し、水にさらしてから、1cm幅に切る。
  2. 赤パプリカ、ハム、プロセスチーズは1cm角に切る。
  3. フライパンに半量の油を熱し、チーズ以外を炒める。
  4. ボウルに卵を溶いて、③とチーズ、塩・こしょうを加え混ぜる。
  5. フライパンに残りの油を熱し、④を流し入れ、箸で手早くかき混ぜ、強火で焼く。焼き色がついたら、蓋をかぶせて卵を蓋にのせ裏返し、蓋をして中火で蒸し焼きにする。
  6. 食べやすい大きさに切り、皿に盛る。
※茹でたブロッコリー、トマト、ロールーパン、果物、ヨーグルト、牛乳などと一緒お召し上がりください。

レシピ作成:横浜F・マリノス栄養アドバイザー

2014年2月21日 第16回日本給食経営管理学会研修会
第16回日本給食経営管理学会研修会にて、「アメリカにおける食と健康のトレンド」について講演いたしました。グローバル化に伴い食の多様化が進む中で、今後日本では、従来の給食システムに加えて、個々人に対応した食事の提供も考えていかなければなりません。アメリカ栄養士会が主催のFood & Nutrition Conference & Expo (FNCE)やアメリカでの食育の取り組みから読み取れる食のトレンドやニーズについてお話ししました。
  • 学会・イベント
2013年10月19日~22日 Food & Nutrition Conference Expo 2013(FNCE)
世界最大の食と栄養会議・展示会~食のグローバル化がキーワード~
毎年恒例の、アメリカ栄養士会主催、Food & Nutrition Conference & Expo (FNCE) が10月にヒューストンで開催されました。食と健康、栄養に関する130ちかい研究発表、教育セッション、料理デモの他、400ちかいポスターセッションや、350にのぼる食品、健康関連企業・団体の新商品が紹介されました。
今年のキーワードは、「文化的能力」「ナチュラル&オーガニック」「オーガニック」「減塩」「グルテンフリー」「コーシャ」。
食のグローバル化が進むなか、宗教や嗜好、食文化の異なる人たちの食のニーズ(ハラール、コーシャ、性的マイノリティー)に、どう応えていくかといったセッションや食品が目立ちました。
  • 学会・イベントギリシャヨーグルトが大ブーム!
  • 学会・イベント4人に1人が高血圧のアメリカでは減塩が重要課題
  • 学会・イベント豆や米、さつま芋などを使ったスナック菓子が大人気
  • 学会・イベント栄養表示はパッケージの表面に分かりやすく
  • 学会・イベントサプリメントは、飲み込みやすい形状のグミや
    ラムネのようなものが人気
  • 学会・イベント食育用にデザインされた食器。お皿の半分を野菜や
    果物で占めるように
2013年10月5、6日 ASEAN フェスティバル
10月5、6日に日・ASEAN友好協力40周年を記念して、国際機関日本アセアンセンターが主催の「ASEANフェスティバル2013」が開催されました!
詳しくはこちら
2012年11月4日第23回日本臨床スポーツ医学会学術集会 ランチョンセミナー
子どもの肥満防止に向けた国民運動「Let’s Move!」の取り組みと、米国政府が推奨する栄養価の高い食品の一つであるアメリカン・ビーフを使った、低脂肪・低カロリー且つビタミン、ミネラルの豊富なヘルシーランチの監修をさせていただきました。
  • 学会・イベント
  • 学会・イベント
2010年11月6~9日 Food & Nutrition Conference Expo 2010(FNCE)
子どもの肥満対策が最優先課題
毎年恒例の、アメリカ栄養士会主催、Food & Nutrition Conference & Expo (FNCE) が11月にボストンで開催されました。過去10年間で最も参加者が多く、3日間で11,600人の栄養士、医療従事者が世界中から情報収集やネットワーク作りに訪れました。2010年2月に、ミシェル・オバマ大統領夫人が子どもの肥満防止キャンペーン「Let’s Move!」をスタートさせたこともあり、子どもの肥満防止に向けたセッションや、食品・飲料・流通・レストラン業界の取り組みが紹介されました。